2018/09/16 06:42

私は北九州で置き薬の仕事をしていました。

2002年10月、会議中突然、右の脳の神経から恐怖心が走り、ただならない事が起こったと直感し、これで人生おしまいと感じました。
発作が2回起こり倒れそうになりましたが、何とか踏ん張りました。
それから下痢が毎日続いたため5軒の病院にいきました。
ある病院では大腸炎と言われ、知らないうちに安定剤が出されました。
又、元気が出ないというと抗うつ剤が出され、なぜと医者に聞くとうつ病だと言われました。
だんだん身体が動かなくなり2003年2月末まで仕事を休むようになりました。
1年間、下痢が止まらず、体重が76キロから36キロまで激やせしました。
又、常に脳が辛く、この苦しみから解放されたいと思いながらもどうする事も出来ず、生きた地獄でした。

2006年8月、妻の実家に戻り妻の両親の援助を受け生活するようになりました。
妻の両親も理解できず、怠け病と思われ妻の妹の夫からもバカにされ、辛い日々を送っていました。
いろいろなサプリを飲みましたがあまり効果がなく、精神科のデイケア―にも通いましたが、そこは統合失調症の人が多く、うつ病も8割はよくなっていないというのが現実でした。

そのように全く未来に希望がなくなっていた頃、2013年3月、ある人の紹介でタキオンエネルギーの話を聞き体験してみました。
気の入り方が他のものとは違うと感じ、理論的にも良いものだと納得したのでタキオンベルトを購入しました。
その後、父にも体験してもらいました。
80歳の父は脳梗塞を患い10年になりますが、左半身不随でリハビリの効果はさほどありませんでした。
ところがタキオンベルトを付けると体が楽に動くようになり、特に階段がスムーズに上がれたので喜ばれ、すぐに父もタキオンベルトを購入しました。

私はタキオンベルトを付けてちょうど4ヶ月たった頃ハッキリと効果を実感するようになりました。
脳がスッキリしたのです。
寝込むことも少なくなりました。
その他改善されたのは射精障害、緑内障、膀胱炎などです。
そしてあまり怒ることもなくなり感謝の生活に変わりました。
うれしいことが1つあります。
子供と遊べる時期に病気になり遊んであげられなかったのですが、今年の夏初めて一番下の子供と狭山で昆虫取りをしました。
子供がとても喜びほんのひと時の幸せを感じました。

49歳 男性

ことあ堂